動物看護の資格

動物看護士の資格の種類

動物看護士の資格は非常に多岐にわたっています。
なんといっても、動物看護の仕事はまだまだ分野としては
新しいからなのです。
そのため動物看護士や動物看護師といった呼び方を筆頭にして
アニマルヘルステクニシャン通称AHTやベテルナリーテクニシャン通称VTや
ベテルナリーナース通称VNなどと様々な呼び方と
資格が存在しています。

アメリカではAHTが通常の呼び方になっていますが、
日本ではいまのところ、日本動物病院福祉協会が認定している
動物看護士や日本小動物獣医師会の認定する動物看護師が
一般的です。
日本で一番多いのはいまのところ動物看護士ではないでしょうか。

動物看護士の資格は実務重視のものですから呼び名はいろいろ
あっても資格の中身はそれほどかわりません。
動物看護士の仕事は、一般的な事務手続きなどから始まり
動物の診察や手術にいたるところから、入院後の看護などなど
知識と技術がないととても勤まらないようなことが、沢山あります。
動物看護士になるうえで、まず知識が欲しいと感じるなら是非
動物看護士の資格をとりましょう。

動物看護士になるためには、資格の取得は絶対必須ではないのですが
それでも、動物の看護をするためには最低限度の知識は必要に
なります。
ある程度の知識があれば、実務をしながらの資格取得も
有効になると思います。
いろんなことを現場で聞いたり感じたり、実際に看護をしたり
しながら、動物看護士になるといったイメージでしょう。
是非、動物看護の仕事をしましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。