動物看護士・動物看護師とは

動物看護士の資格取得 通信講座

動物看護士になるためにはまず動物看護士の資格
取るのが近道です。

日本の動物看護の資格には複数あって、動物看護士、動物看護師、
動物衛生看護士などの主対があります。
主に専門学校や養成スクールに通っての取得か通信講座などを
利用した取得があげられます。

ケイコとマナブ(通信教育)


習い事で人気のケイコとマナブの通信講座に特化したサイトです。
各講座事の勉強期間や教材、受講料など気になる情報を無料で
一括して資料請求することができるため人気があります。
動物看護士の資格を取るならまずは通信講座がおすすめです。

詳細・公式サイトはコチラ
 ↓
動物看護師の通信講座


リクルート進学ネット


全国の動物看護士の資格が取れる専門学校やスクールの
情報が見つかる人気のサイトです。
気になる学校の資料請求が一括で出来て比較も簡単です。

詳細・公式サイトはコチラ
 ↓
動物看護士


動物看護士の資格を取るなら、ケイコとマナブの通学
サイトがお勧めです。

ケイコとマナブ.net


動物看護士になるのに必要な学校やスクールの情報が
みつかります。気になる他の資格も併せて探しやすく
比較するのにも便利です。
まずは通いたいエリアを選んでください。

詳細・公式サイトはコチラ
 ↓
動物看護師資格

動物看護士の仕事をする上で、多岐にわたる動物の看護を行うため
通常の看護士以上に幅広い知識と技術が必要になります。
しかも獣医師は内科や外科、産婦人科といった役割をこなす
仕事のサポートを行うため、動物看護士は専門的かつ幅広い
知識が必要になります。

動物看護士の知識としては基礎になる看護学、獣医学のほかにも
動物科学や美容科学など多岐にわたった知識の取得が
欠かせません。
また実務に関するもので法律や受付、薬学や手術、検査に
いたるものから、一般的な診療の補助など動物看護士には
欠かせません。

また動物看護士はトリミングやグルーミングや食事の管理なども
必要になるため、多方面での学習が必要になります。
動物看護の仕事は、需要のあるところが広く、動物病院や
動物園、大手ペットショップやトリマーなどの専門学校など
動物を扱うあらゆる場所で需要があります。

動物看護士は人と動物が一緒にいて幸せになれるような
お手伝いをする仕事です。
獣医師よりも動物と身近に接していく動物看護士の仕事は
やりがいがあり、動物と人とが幸せに暮らしていくお仕事です。

深い知識と愛情で動物看護士になりましょう。

動物看護士・動物看護師の求人

動物看護士・動物看護師の求人情報

動物看護士(動物看護師)の仕事に就く為に資格を取ったほうが有利ですが、
一部では資格の無い人でも動物看護士(動物看護師)につくことが出来る
求人が出ています。


現在日本では地域によって動物看護士(動物看護師)の有無を重視する度合いが
違うため、一般の求人として動物看護士(動物看護師)の募集が出ることが
あります。


動物看護士の資格がある方が有利ではありますが、
資格の有無に関係なく動物看護士になれます。

求人の数はそれほど多くありませんので、求人がでれば
すぐに連絡がもらえる動物看護士(動物看護師)の求人情報が
得られるはたらいくに登録しておくことをおすすめします。
ここから、登録可能です。
 ↓ ↓
はたらいく


もちろん、動物看護士の資格をもっている人には、動物看護士資格必須の
募集もここから情報が貰えますから登録して
おくことをおすすめします。


動物看護士(動物看護師)の求人情報はなかなか手に入りにくいです。
リクナビNextでは正社員系の仕事が多く、
はたらいくは派遣などにもつよい数少ない動物看護士(動物看護師)の募集が入る
求人情報の1つです。


動物看護士資格の有無に関わらず、これから動物看護士の資格を取る方にも
まず情報収集と求人情報確保のため、確認しておきたいサイトです。


動物看護士(動物看護師)の求人は、看護師や医療事務の求人として募集
されることが多いものですが、動物病院やペットショップ、専門学校に
よっては通常の求人として募集されることが多いです。

そうは言っても、動物看護師の求人は絶えず出ているわけではなく、
比較的欠員の補充という形で募集がでることが多いため
非常に不定期に求人がかかります。


まずは情報収集に勤めましょう。
詳細公式サイトはコチラ
 ↓
はたらいく

動物看護の資格

動物看護士の資格の種類

動物看護士の資格は非常に多岐にわたっています。
なんといっても、動物看護の仕事はまだまだ分野としては
新しいからなのです。
そのため動物看護士や動物看護師といった呼び方を筆頭にして
アニマルヘルステクニシャン通称AHTやベテルナリーテクニシャン通称VTや
ベテルナリーナース通称VNなどと様々な呼び方と
資格が存在しています。

アメリカではAHTが通常の呼び方になっていますが、
日本ではいまのところ、日本動物病院福祉協会が認定している
動物看護士や日本小動物獣医師会の認定する動物看護師が
一般的です。
日本で一番多いのはいまのところ動物看護士ではないでしょうか。

動物看護士の資格は実務重視のものですから呼び名はいろいろ
あっても資格の中身はそれほどかわりません。
動物看護士の仕事は、一般的な事務手続きなどから始まり
動物の診察や手術にいたるところから、入院後の看護などなど
知識と技術がないととても勤まらないようなことが、沢山あります。
動物看護士になるうえで、まず知識が欲しいと感じるなら是非
動物看護士の資格をとりましょう。

動物看護士になるためには、資格の取得は絶対必須ではないのですが
それでも、動物の看護をするためには最低限度の知識は必要に
なります。
ある程度の知識があれば、実務をしながらの資格取得も
有効になると思います。
いろんなことを現場で聞いたり感じたり、実際に看護をしたり
しながら、動物看護士になるといったイメージでしょう。
是非、動物看護の仕事をしましょう。

動物看護士・動物看護師とは

動物看護士・動物看護師とは

動物看護士とは動物医療にかかわる動物のナースのことです。
おもに動物看護師は獣医師のもとで動物の診療や手術の
補助を行ったり各種の検査や入院している度物の
世話をしたりする仕事です。
大きく分けると通院してくる外来と入院している動物の
お世話に分かれます。
いずれも幅広い専門的な知識と技術をもって獣医師さんの
お手伝いをする動物医療には欠かせないお仕事です。
動物看護士は動物好きであるのは必須条件ですが、診療の際には
動物がおびえたり暴れたりしないように、なだめたり保定したり
する必要があります。
獣医師の診察と治療が円滑に進むようにサポートするのが
動物看護師のお仕事ですから上手く安心感を与えられるように
接する必要があります。
動物病院やペットクリニックに来院する動物は犬やネコ、鳥など
様々な種類の動物がやってきますから、動物看護士は技術や
知識も必要になります。

動物看護士の働く動物病院は人間とは違い内科や外科などに分かれて
いませんから症状に応じて医療器具や薬品の用意や手術の
手伝いもします。
さらに動物看護士は検査や食事の世話からグルーミングや
トリミングといったお世話もします。

動物看護士の仕事は人間の看護士よりも幅広くお世話を
することになります。

動物看護士の資格は専門の学校やスクールで学習して
取得することが出来ます。動物看護士は動物好きであり、
また技術と知識を有することで
誰でもなることが出来るやりがいのある仕事です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。